営業日カレンダー

2022年7月の定休日
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
2022年8月の定休日
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

※赤字は休業日です

ウェブマガジン旅色の東京グルメ&観光特集に紹介されました

お食い初めとは

生後百日のお祝い、お食い初め

お食い初めは、赤ちゃんの時に行う、一生に一度きりの儀式・しきたりです。 一般的には、生後100日から120日ごろに行われる事が多いため、「百日祝い」(ももかいわい)とも言われています。 平安時代頃から続く、長い伝統がある儀式なのだそうです。 各地方・地域によってその呼び名や、やり方にもバリエーションがあり、箸揃え、箸祝い、歯固め、真魚始めなどとも呼ばれる事があります。 数ヶ月間、無事に成長してきた事に対するお祝いであり、終生、豊かな食生活を送れるようにと願う儀式です。 生後100日目頃は、ちょうど赤ちゃんの食事が、徐々にミルクから離乳食へと切り替わっていく時期であり、また、赤ちゃんによっては、そろそろ可愛らしい歯が顔を出し始める時期にも当たるかと思います。赤ちゃんの幸せを願う素敵なしきたりですよね。

お食い初めは平安時代から続く伝統的風習

お食い初めの起源は、平安時代となっており、かなり歴史のあるお祝い行事となっています。元々は生まれてから50日目に重湯(伝統的な流動食の一種)の中に五十の餅(いかのもちい)と呼ばれた餅を入れて、それを箸を使って子供の口に少しだけ含ませるという五十日の祝いが行われていました。その後、その日数が百日となり、餅から魚肉へと変わっていったとされています。鎌倉時代には、その儀式のことを「真魚初め」と呼ばれるようになっています。室町時代に書かれた「河海抄(かかいしょう)」には「冷泉天皇の生後百日後に御餅を供す」と記されています。その後、この儀式が「お食い初め(おくいぞめ)」とされ、現代まで続く伝統的な風習となりました。

お子様が将来食べ物に困ることのないように

お食い初めの儀式には、一汁三菜の膳が「祝い膳(いわいぜん)」が用意され、お子様が将来、食べ物に困らないようにとの願いを込めて儀式が行われてきました。

お食い初めセットを通販で便利に

慣れたご自宅での「お食い初め」 お子様も
ご両親も安心して行っていただける
お食い初めを宅配にてお届けします。

お食い初めのセットをご自宅にお届けいたします。お食い初めのお料理、歯固め石、祝い膳がセットになっておりますので、このお食い初めセットだけで簡単にお食い初めを行っていただけます。

お食い初め二段重セットセットの内容を詳しく見る

お食い初め二段

料亭の
宅配お食い初め二段セット

基本的なお食い初めのメニューが揃うセットを宅配でお届け

10,800円(税込)

お食い初め二段重セットをカートに入れる

お食い初め三段セット

料亭の
宅配お食い初め三段セット

お食い初めの献立におめでたい伊勢海老・あわびといった贅沢な食材をプラスしたお食い初め宅配セット。

21,600円(税込)

お食い初め三段セットをカートに入れる